安心して葬儀を任せられる東大阪の葬儀会社をランキングで紹介

HOME » いざという時の葬儀マニュアル » 葬儀の費用相場と内訳

葬儀の費用相場と内訳

葬儀に必要な費用の相場とは?葬儀会社、宗教関係者、飲食物、香典返しなど支払い先別に内訳を詳しく解説しています。

葬儀の相場を知りトラブルを防ぐ

一家庭において、葬儀はそう何度も行われるものではなく、初めて執り行う方が多いと思います。そして皆さん悩まれるのが葬儀自体はもちろん、お布施や香典返しなどの諸々の費用についてです。ここでは、そのような葬儀全般にかかる費用の内訳を項目ごとに説明したいと思います。

葬儀全体の費用

日本消費者協会が行ったアンケートによりますと、葬儀にかかる費用の全国平均が236万円。しかし地域ごとにバラツキが見られますので、あくまで参考程度に。また、この葬儀費用ですが、葬儀屋さんとのトラブルになりやすく、どの部分にどれくらいの費用が、かかっているのかという内訳を把握しておくことが必要です。

葬儀社への支払い

葬儀に必要な、遺影、骨壺、棺、祭壇、施設などの手配、葬儀の準備から撤収までの人件費などの費用です。今は、葬儀一式○○万円といったセットプランがありますが、葬儀屋ごとに内容が違う為、確認が必要です。

宗教関係への支払い

仏教であれば、読経料や戒名料、神道であれば玉串料、キリスト教であればお花料など宗派によっての呼び方や地方ごとの費用がまちまちで、残念ながら基準となる金額はありません。しかし、これらの費用とは別に、お車代や飲み物代くらいは用意した方が良さそうです。

とある情報によると、戒名の場合、「信士・信女」で15万〜30万、「居士・大姉」で30〜50万、「院号」で50〜100万、「院殿号」で数百万以上というのが相場らしいです。

火葬場や斎場への支払い

火葬と斎場の使用料の費用です。式場に関しては、地域によって違いはあるもの葬儀社が運営する式場を使用した場合、割引や無料ということもあります。

飲食料、香典返しなど

お通夜で参列した方々お酒や料理を振る舞う「通夜振る舞い」の費用と火葬場、法要などでの飲食代が主です。これらは、参列された方の人数にも左右されます。香典返しについては、お香典を包んでくれた方々へのもので、一般的に「半返し」と言われています。つまり、頂いたお香典の半分くらいが目安です。

これらの項目を含む葬儀屋のセットプランと費用をしっかりと確認し、綿密な打ち合わせをすることでトラブルがなく、良い葬儀が出来ると思います。

 
ページの先頭へ
東大阪の優良葬儀会社ガイド