安心して葬儀を任せられる東大阪の葬儀会社をランキングで紹介

HOME » いざという時の葬儀マニュアル » 葬儀会場選びのポイント

葬儀会場選びのポイント

ここでは、葬儀会場の種類ごとにメリットとデメリットを紹介しています。

葬儀会場ごとのメリットとデメリット

葬儀を執り行う会場は、一般的に、自宅、集会所、公益施設、宗教施設、葬儀会社が管理する式会場などがあります。葬儀会場を選ぶ際には、メリットやデメリット、予算や故人の希望などを考えつつ、慎重に選ぶことが大切です。 

自宅

自宅は故人が慣れ親しんだ場所、そこから送ってあげようという心情を汲んだご家族のニーズが多いようです。昔は、近所の方々や親族が集まって葬儀を行っていたのですが、集合住宅に住んでいるなどのライフスタイルの変化から、昔と違い、自宅で葬儀をする方が減っていると聞きます。

  • メリット…式場利用料がかからない。故人の思い出の場所。近隣の方が弔問しやすい。
  • デメリット…部屋の整理整頓、大きさ問題。駐車スペース。ご近所への配慮。

集会所と公営施設

それぞれ条件はあるものの、使用料金が安いということと、地元でおこなえるというところがポイントです。

  • メリット…式場利用料が安価。地元の方が弔問しやすい。葬儀屋の選択肢が豊富。
  • デメリット…アクセスがあまり良くない。葬儀専門ではないので、勝手が良くない。

宗教施設

最低使用条件が檀家であることが必要です。(しかし一部のお寺では境内に貸し会場を有しているところもあり檀家でなくとも使用できる場合があります。)

  • メリット…檀家であれば格安で利用できる。葬儀屋の選択肢が豊富。
  • デメリット…檀家以外は利用できない。宗派が限定される。読経などの一連のことをお願いしなければならない。

葬儀屋の式場

式専用に建てられた利便性の良い施設。葬儀屋の式場を利用する場合には、契約が必要となりますから、式場選び=葬儀屋選びになりますので慎重に検討しましょう。

  • メリット…葬儀に特化した設備。アクセスが良い。充実した設備(宿泊施設、駐車場、控え室など)、無料で利用できる(契約した場合のみ)
  • デメリット…契約しなければ利用できない。

最終的に、最も大切なことなのですが、予算、経済状況に合わせて式場を選ぶことはとても大切なことだと思います。しかし、それ以上に故人の思いを汲みとり、それに賛同してくれる業者や、費用の高い安いに関わらず、良いサービスを提供してくれる業者が最も優良なところだと思います。

 
ページの先頭へ
東大阪の優良葬儀会社ガイド