安心して葬儀を任せられる東大阪の葬儀会社をランキングで紹介

HOME » 葬儀後に必要になること » 【番外編】喪服について

【番外編】喪服について

葬儀に必ず必要な喪服について、意外に知られていない細かなマナーがあります。ここでは、そんな喪服のマナーについて紹介していきます。

失礼にならないための喪服選び

喪服は黒い服というイメージがありますが、本来は喪に服するという意味を込めて黒い服を着用します。正式な喪服には和装やモーニングなどがありますが、ブラックフォーマルやブラックスーツなどの略式の服装もあります。

一般的には親族は正式なもの、参列者は略式とされています。これは、親族が格上であることを表すため。喪章着用は、単に遺族の関係者の印であり喪服の代わりにはなりませんので注意してください。

  • 仮通夜や通夜の場合
    仮通夜は亡くなってすぐに執り行われるものですので、喪服で行くことは準備していたと思われがちですのでNGです。通夜も基本的には取り急ぎ駆けつけましたということを表すものですが、最近では通夜の時間や場所の連絡があるのでブラックフォーマルがいいでしょう。色は黒に限らず、紺や濃いグレーなどでもOKです。目立たなければストライプなど地模様があっても構いません。女性のストッキングは黒か肌色にします。
  • 葬儀・告別式
    基本的にブラックフォーマルです。男性はダブルかシングル、スリーピースに白いシャツ、黒無地ネクタイ、靴下と靴も黒で統一します。女性は、露出の少ない黒のワンピースやスーツでストッキングと靴も黒に統一します。夏場も半袖はできるだけ避けましょう。
  • 寒い日の参列
    冬場などの寒い日には、コートを着用することも少なくありません。葬儀の会場に入る前に脱ぐのがマナーです。屋外での焼香の場合、焼香の時だけは脱ぐようにしましょう。毛皮やレザーはNGです。
  • アクセサリーの選び方
    男性の場合、シンプルな時計や結婚指輪以外のものは外しましょう。ネクタイピンも不要です。特にゴールドなどの光るものなどは避けてください。
    女性も、アクセサリーを付ける場合結婚指輪のみか一連のパールのネックレス程度にします。控えめのメイクで髪もシンプルにまとめましょう。ネイルももちろんNGです。
    バッグは黒のハンドバッグがよいでしょう。ショルダータイプや皮革製のものは避けましょう。
  • 子供が参列する場合
    子供が葬儀などに参列する際は、できるだけ制服や黒、紺、グレー系のブレザーと白いシャツ、ズボンやスカートにしましょう。ヘアバンドなどもシンプルにします。
    赤ちゃんの場合、黒ではなくても構いませんがグレーや白っぽいもの、薄くて目立たない色などがいいでしょう。

葬儀後の法要のマナー

喪が明けても節目節目で法要があります。その場合、喪服ではなくても地味な服装ならば構いません。年月を重ねるごとに喪に服した色合いから離れていくといいでしょう。

ただし、三回忌くらいまでは略式で構いませんので喪服の着用が無難です。それ以降は、グレーなどの地味目な色合いのスーツなどにしていくといいですね。ただし、忘れがちな靴下や靴、ネクタイ、アクセサリーなども控えめにすることです。

 
ページの先頭へ
東大阪の優良葬儀会社ガイド